(2022年11月3日 追記)

これからお読み頂く「チケットの取り方(基本編)」

 

は2015年にこのサイトを立ち上げた時に書いたものですが、

 

7年経っても基本は変ってないと思います。

 

長い間、一番読まれていて「チケットの取り方」で検索すると上位に出てくるので

 

そこからお立ち寄り頂いている方も多いようです。

 

一般発売後については若干のアップデートが必要かと思ってますが、基本は変わってません。

 

お越し頂いた方々の参考になるとうれしいです。


チケットの取り方(基本編)

ライブに行くためにはまずチケットを取ることが必要です。

 

これから説明するチケットの取り方は決して目新しいものではありません。

 

ライブに行きなれている人にとっては当たり前すぎる情報です。

 

でも、よほどのコネがない限り下記に説明するいずれかの方法でチケットはゲットするしかないと思います。

 

知っているかどうかで動き方が全然違ってくるでしょう。

簡単にいうと、


 ライブ情報をいち早く入手して→各種先行販売に乗り遅れず申し込む


というのが、チケットを取るための基本であり、鉄則です。

  スポンサードリンク

Ⅰ、ライブ情報の入手

 

まずチケットを取るために重要なのがライブが開催されるという情報をいち早く入手することです。


ライブの情報を知った時にはすでに先行発売が終わっていたという経験は多くの方がされているでしょう。


ファンクラブ会員向けの情報が一番早くわかる可能性が高いので絶対に行きたいアーティストがいる場合は

 

入っておいて損はないです。

 

(5,000円前後の会費はかかりますが、一番チケットが獲得しやすいファンクラブ会員先行受付や

 

会員だけ受け付けるプレミア席にもエントリーできます。

 

中には入っていないとまず取れないアーティストもあります。)


またライブの情報解禁とともに、ネット、テレビのエンタメ情報、スポーツ新聞などで知ることができます。


見落とすこともあるかもしれませんが、ぜひアンテナを張っておきたいものです。

Ⅱ、一般発売前の各種先行抽選販売へのエントリー

 

最近では一般発売前に様々な先行抽選販売が用意されています。


そしてチケットのほとんどが一般発売前に売られているのが現状です。


ですから、一般発売でなんとかしようと思っているとまず取ることができず涙を呑むことになります。


アーティストや会場によって異なりますが、現在考えられる各種先行抽選販売を紹介すると下記にようになります。

 

①ファンクラブ会員先行


②モバイル会員先行


③公式サイト先行


④CD購入者先行


⑤イベンター会員先行


⑥プレイガイド会員先行


⑦カード会社会員先行


⑧会場会員先行


⑨ヤフープレミアム先行


⑩ラジオ・TV番組・新聞・雑誌先行

 

とりあえず10種類の先行をあげましたが、これ以外の方法が増えることもあり得ます。


また上位にあげたものほど、チケットを確保している確率は高いと思います。


特に①のファンクラブ会員先行はアーティストや会場にもよりますが

 

チケット全体の7~8割くらいおさえていることも多いようなので、

 

絶対行きたいアーティストは迷わずFCに入会してチャンスを逃さないようにしましょう。


(
10種類の先行それぞれの詳しい説明は近々アップしようと思いますので、少々お時間を下さい。)

 

これらの先行抽選のチャンスに乗り遅れず申し込めれば、チケットが獲得できる可能性は増えます。


それでも全滅の可能性はありますが(^^;

チケットぴあ

Ⅲ、一般発売


一般発売日にはプレイガイドやイベンターのHPで受付が行われますが、皆さんもご存じの通り相当厳しいです。


たくさんの人が一斉に申し込むのでなかなか繋がらないですし、

 

もともと先行販売で売ってきているので本当にわずかの枚数しか用意されていないことが多いです。

 

10時きっかりに繋がったのに、既に完売ということもあるのでやはり勝負は一般発売前になるでしょう。

Ⅳ、一般発売後


一般発売が完売となってもまだ諦めることはありません。


ネットの普及により、完売後でも様々な手段でチケットが手に入る可能性があります。

 

①おけぴ(定価以下限定の個人間譲渡交換掲示板)


②ファンの掲示板


③ファンクラブ会員間のトレード


④ぴあのリセール

 

一番大事なのは諦めずに自ら動くということです。


私も行きたいと思う公演は様々な手段を使って、チケットを確保してライブを楽しんで来ました。

 

また、これからは本人確認が一層厳しくなることが予想されます。


他人に取ってもらうことも難しくなるでしょう。


ただそのことは転売目的の人が買いづらくなり、競争率が低くなるということでもあります。


「あぁ本人確認めんどくせ~」と思うか、「やった!チケットが取りやすくなる」と思うか考えようです。

 

このサイトを見た人が自力でチケットを獲得し、ライブを楽しんでもらえたら最高にうれしいです。


情報のアンテナを張って、一緒にがんばりましょう!

関連するページ

アーティスト別にまとめたページは下記ご参照ください。

 

★桑田さんのチケット情報をまとめた最新版は⇩

 

「桑田佳祐LIVETOUR2022チケットの取り方予想」 (2022年9月4日)

★サザンオールスターズについては2015年の武道館公演、2019年の広島サンプラザ公演をまとめてます。

 

「アーティスト別傾向と対策 サザンオールスターズ編」

★小田和正さんについては2016年と2018年のツアーの際のチケット情報になりますが⇩

 

「アーティスト別傾向と対策 小田和正編」 

  スポンサードリンク